メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

パレスチナ「懐柔策」 10年で5兆円、経済支援プラン発表

 米ホワイトハウスは22日、パレスチナに今後10年間で500億ドル(約5兆3650億円)超の投資を促進する「パレスチナ経済支援プラン」を発表した。「国内総生産(GDP)倍増」などを目標に掲げ、パレスチナ人社会の生活向上を実現するとしている。プランはトランプ政権が取り組むイスラエルとパレスチナの和平仲介案の一部との位置づけ。今月に主催する国際会合で、投資案件の詳細を協議する。

 和平包括案の経済支援策を先行提示することで、トランプ政権に反発するパレスチナの軟化を誘い、対話を促…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文847文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです