メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/7 アーバンリサーチ 再生で「かっこいい」バッグ

 大手アパレルのアーバンリサーチ(大阪市)は昨年11月、SDGs(持続可能な開発目標)を意識したサスティナブルプロダクトブランド「commpost(コンポスト)」を発表した。

 第1弾の商品はマルチパーポスバッグ。これまで廃棄していたデッドストック衣料を、産学連携の団体「カラーリサイクルネットワーク」の技術でシートとして再生。縫製は、障害者らの就労を支援するNPO法人「暮らしづくりネットワーク北芝」(大阪府箕面市)に依頼した。

 同社でSDGsの取り組みを進める萩原直樹執行役員(46)は、このバッグの開発・販売にかける関係者の熱意に「本1冊分に値するほど数多くの感動的なエピソードがあった」と振り返る。NPOで働く人たちはバッグの仕上がりに感激し、販売員は商品の意義を顧客に理解してもらおうと店頭で懸命に説明したという。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです