メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社告

自分史づくりで認知症予防 講座開催受け付け中

[PR]

 毎日新聞社は、自分史づくりを通して認知症予防に取り組む講座を設けており、自治体や福祉団体、自治会などから講座開催の要望を受けつけています。

     補助教材で使うのは「思い出ノート」です。自分の名前の由来、学生時代の思い出、友だち、住まい、仕事、趣味、夢など100の質問に答え、自分史を完成させるワークブックです。

     このように、自分の半生を思い出しながら、文章にまとめる作業は脳の活性化につながります。講座では、写真や地図を使った記憶の引き出し方や、思い出を文章としてつづるコツなどを学びます。

     思い出ノートは、公益財団法人認知症予防財団の監修を受けています。講座では、認知症予防に関する勉強もあわせて行います。

     講座開催の申し込み、問い合わせは毎日新聞社「なるほど!先生」事務局(03・3212・0267)=平日午前10時から午後5時まで対応=か、(naruhodo@mainichi.co.jp)まで。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

    2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

    3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

    4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

    5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです