メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ネクタイ再生 マイかばんに

夫の遺品のネクタイをリフォームした手製のバッグを手にする安藤さん。「子どものころから針仕事が好き。自分の思い通りのものができるとうれしい」

 4月20日の女の気持ち「旅行かばん」(東京本社版掲載)に対し、読者から「作り方を教えてほしい」というお手紙をいただきました。亡き夫のネクタイで作った旅行かばんとはどんなもの? 投稿者を訪ねました。

 ●夫の遺品を活用

 横浜市中区の主婦、安藤早智子さん(84)の旅行かばんは、横40センチ、高さ30センチ、幅20センチほどのボストンバッグだ。かばんの胴部分に、パッチワークの要領で縫い合わせたネクタイを10本ほど使用、マチや底にはキルティング地の別布を合わせた。

 作ったのは約20年前。友人の女性がネクタイをはぎ合わせたお手製のベストを着ていて、これをヒントにし…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1450文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 情熱大陸 世界の深海に挑む美しき人魚姫 世界新記録を持つフリーダイバー・木下紗佑里に密着!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです