メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄慰霊の日

学徒動員の90歳 自責74年、痛みと歩み 「後輩死なせた」今も

一中健児之塔であった慰霊祭に参列し、戦死した仲間らの冥福を祈った与座章健さん=那覇市首里金城町で2019年6月23日午後0時49分、佐野格撮影

 戦場に10代の少年少女が駆り出され、家族が逃げ惑う凄惨(せいさん)な地上戦が展開された沖縄戦から74年。沖縄は23日、犠牲者らを悼む「慰霊の日」を迎えた。大切な人を失った悲しみ、悔しさ。雨も降る中、沖縄は鎮魂と平和の祈りに包まれ、非戦の思いが広がった。

 74年前の沖縄戦で「鉄血勤皇隊(てっけつきんのうたい)」として学徒動員された与座章健(よざしょうけん)さん(90)=沖縄県南風原(はえばる)町=は、弟のような存在だった後輩を自ら戦場に送った悔恨を胸に「慰霊の日」を迎えた。

 23日、沖縄戦で命を落とした県立第一中学校(現首里高校)の生徒や教師を悼む那覇市の「一中健児之塔」前で慰霊祭が営まれた。塔には亡くなった307人の名前が刻まれ、与座さんは通信兵として戦場で倒れた金城俊一さんの名を指さした。「忍耐力があり、意志の強い男だった」

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです