メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄慰霊の日

刻まれた名に祈り 摩文仁「平和の礎」で遺族

 沖縄戦最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園にある、戦没者の名が刻まれた「平和の礎(いしじ)」には、早朝から多くの遺族らが訪れて手を合わせた。

 祖父ら4人を亡くした那覇市の主婦、富永香誉乃(かよの)さん(39)は前日の夜、長男律(りつ)ちゃん(4)に初めて戦争のことを語った。何を祈るかは任せていたが、律ちゃんは祖父らの名前を前に「今度は一緒に暮らそうね」と祈っ…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです