メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
GetNavi

「悪魔城伝説」の終盤ノーミスクリアに挑戦![ゲーム芸人フジタの挑戦](GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、KONAMI50周年を記念して発売された「悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション」。初期代表作8本を収録した本作から、今回は「悪魔城伝説」の終盤ノーミスクリアに挑戦。

 

KONAMI
悪魔城伝説

3240円(「悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション」収録。PS4/Xbox One/STEAM/Nintendo Switch)
https://www.konami.com/games/50th/ac/castlevania/jp/ja/

「悪魔城ドラキュラ」の100年以上前を舞台に、ベルモンド家のラルフがドラキュラ討伐に挑むファミコン第3作。分岐や仲間システムが特徴。

 

【関連記事】
ゲーム芸人フジタの挑戦
ゲーム芸人フジタの挑戦(youtube)

 

成功報酬はニンニクセット、罰ゲームはトマトジュース!?

編集部(以下編) 今回の成功報酬は、ドラキュラの弱点にちなんで青森県産黒ニンニクをはじめとするニンニク名産品セットをご用意しました。

 

フジタ(以下フ) 僕、ニンニク大好きなんですよ。でも、以前にニンニクラーメンを食べたあと、急に事務所のサンドウィッチマンさんが夜中に集合をかけてきて、それで、「この部屋、すごいニオイしない?」と騒動になったことがあります(笑)。

 

 ただし、失敗の場合は罰ゲームとして、トマトジュースにブレンドした4種の飲み物・調味料を当てる味覚テストに挑戦していただきます。

 

 トマトジュース自体、味が強いですからね。難しいかも。

 

 

ラスト3ステージをノーミスでクリアできるか?

どうも~、フジタです! 「悪魔城伝説」は小5のときに出たんですけど、発売日当日に死神までは行けました。でも、死神が厳しかったですね。

↑トランシルバニアにある教会からスタート。ルートによって仲間にできるキャラが異なる。仲間は全部で3人だが、連れていけるのは1人だけ

 

実は位置取り次第で簡単なのに、それに気付かずクリアまで2、3日かかってしまいました。このゲーム、当たり判定がちょっとデカすぎると思うんです。ただ、グラフィックと音楽はものすごくいいですね。それと、仲間がいるのもポイントです。仲間がいれば特別な場所のアイテムが取れるのが新鮮でした。

↑初代でおなじみのBGMが鳴り響くドラキュラ城内。背景の美しさと音楽の良さは感動モノ。ステージの仕掛けは、振り子や回転足場など難しくなった

 

はい、それでは、クリアまでのラスト3面を仲間禁止ノーミスでやっていこうと思います。いきなりこの面、その死神がボスですからね。……うおぉ、怖い! 何が怖いって、いま武器が十字架で連射パネルを持ってるんですよ。これが武器を変えると無効になる。だから、使える武器数は多いけど、実際変えると相当キツいことになります。

↑フジタが今回最大の鬼門という9面の水路。ラルフ縛りだと、半魚人とカラスの攻撃にかなりの苦戦を強いられる

 

このスライムも変則的な動きで怖いですね。天井にくっついたりするんで。危ない! スライムをきっちり倒しておかないととんでもないことになるから。スライム怖い(笑)! 左側に隠しアイテムがありますけど、今回はスルーしていきます。で、この先に死神がいます。位置取りがすごい重要で、投げてくるカマの位置がハマればノーダメで瞬殺です……。

↑ラストは宿敵・ドラキュラとの死闘。今回は第三形態まで変身する。人間型の第一形態は炎柱で攻撃してくる。エンディングは仲間によって変化する

 

 

【幼き日の宿敵、死神に再会するフジタ。しかしその後……。続きは動画で!】

撮影:高原マサキ(TK.c)

 

【関連記事】
ゲーム芸人フジタの挑戦
ゲーム芸人フジタの挑戦(youtube)

 

©Konami Digital Entertainment

【関連記事】
「一家に一機アイアンマン」の時代到来か!? スマホで操作して世界を守れ
「懐かしい!」から「定番」から「こんなのあったんだ!」まで、自宅で絶対盛り上がる「アナログゲーム」傑作5選
雨の時期。室内でアナログなカードゲームでも堪能しませんか?
新作【ポケットモンスター ソード・シールド】で感じたこと。「今のポケモンって巨大化がデフォなのか!?」

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです