メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相の問責決議案を否決 参院本会議

参院本会議で自身の問責決議案が与党などの反対多数で否決され一礼する安倍晋三首相=国会内で2019年6月24日午後2時17分、川田雅浩撮影

 参院は24日の本会議で、立憲民主、国民民主など野党4会派が提出した安倍晋三首相への問責決議案を反対多数で否決した。

 問責決議案では、首相について「国民軽視、国会軽視の傲慢極まる政治姿勢は看過できないほど深刻な事態に達している」と批判。老後資金として公的年金以外に「2000万円必要」と試算した金融庁…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「今、東京から?」拒まれ、仮住まいで焼死 岩手「ついの住みか」のはずが

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです