メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊供給、追いつかず 新法施行1年 届け出1万7551件

大阪市内で複数の民泊物件を運営する坂野慎哉さん=大阪市天王寺区で2019年6月12日午後3時10分ごろ、加藤美穂子撮影

 一般の住宅に観光客らを泊める「住宅宿泊事業法」(民泊新法)の施行から1年が過ぎた。新法に基づく自治体への届け出件数は6月14日現在で1万7551件まで増え、新法施行前に横行したヤミ民泊もほぼ排除された。ただ、新法では営業日数が年間180日間に制限されているほか、独自に規制を強化する自治体も多いことが壁になり、急増する訪日外国人らの受け皿にはなり得ていないのが実情だ。

 大阪市天王寺区の住宅街にある一軒家。室内は緑色の壁紙にダイニングテーブルを備えたカフェ風の空間が広がる。「中国や韓国からの家族客を想定し、だんらんスペースを作った」。オーナーの坂野慎哉さん(36)は、8月に開業する3軒目の民泊物件に自信を見せる。

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです