メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

民泊供給、追いつかず 新法施行1年 届け出1万7551件

大阪市内で複数の民泊物件を運営する坂野慎哉さん=大阪市天王寺区で2019年6月12日午後3時10分ごろ、加藤美穂子撮影

 一般の住宅に観光客らを泊める「住宅宿泊事業法」(民泊新法)の施行から1年が過ぎた。新法に基づく自治体への届け出件数は6月14日現在で1万7551件まで増え、新法施行前に横行したヤミ民泊もほぼ排除された。ただ、新法では営業日数が年間180日間に制限されているほか、独自に規制を強化する自治体も多いことが壁になり、急増する訪日外国人らの受け皿にはなり得ていないのが実情だ。

 大阪市天王寺区の住宅街にある一軒家。室内は緑色の壁紙にダイニングテーブルを備えたカフェ風の空間が広…

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1497文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです