メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「核合意の原点に立ち返るべき」 駐日イラン大使、会見で米批判

記者会見するモルテザ・ラフマーニ駐日イラン大使=東京都内の日本記者クラブで2019年6月24日午後1時28分、真野森作撮影

 ペルシャ湾岸地域での米国とイランの緊張が続く中、モルテザ・ラフマーニ駐日イラン大使(59)は24日、東京都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。制裁を強化しつつ交渉も呼びかけるトランプ米政権の姿勢を「誠意があるなら核合意の原点に立ち返るべきだ」と批判し、「武力衝突は望まないが、我が国への侵犯には断固とした対応を取る」と強調した。

 今月13日に中東ホルムズ海峡付近で起きたタンカー攻撃事件については、「日本の外交努力を妨害しようと…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文513文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです