メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋沢栄一の精神、料理に生かし 玄孫が三重でレストラン経営

オーナーシェフの岩佐光さんと妻の一美さん=三重県亀山市で2019年6月11日午後5時半、細川貴代撮影

 2024年度刷新予定の新1万円札の肖像に決まった実業家、渋沢栄一(1840~1931年)。三重県亀山市和田町に、渋沢の玄孫の岩佐光さん(68)が営むオーガニックレストランがある。

 東京で生まれ育った光さんは、自然豊かな環境を求めて04年に同市に妻の一美さん(67)と移り住んだ。元々料理や食べることが好きだった。来客に食事を振る舞う機会も増えたことから、自宅の一部を改装してレストラン「サラダのきもち」を始めた。

 季節に合わせたコースが主で、メイン料理に前菜、スープ、自家製パン、デザートと飲み物が付く。「身近に…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです