爆発物、麻薬、検疫・・・「狙ったにおいは逃さない」 G20の警備に奮闘する探知犬たち

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
到着した乗客の荷物のにおいをかぐ検疫探知犬の「アルバート号」=関西国際空港で2019年6月17日、小松雄介撮影
到着した乗客の荷物のにおいをかぐ検疫探知犬の「アルバート号」=関西国際空港で2019年6月17日、小松雄介撮影

 狙ったにおいは逃さない――。主要20カ国・地域(G20)首脳会議やラグビー・ワールドカップ(W杯)、来年の東京五輪・パラリンピックなど大規模な国際イベントが控える中、大阪府警の警備犬、大阪税関の爆発物と麻薬の探知犬、農林水産省の検疫探知犬が、関西国際空港などの各持ち場で活躍中だ。自慢の鼻を生かして奮闘する犬たちに、担当するハンドラー(訓練士)も意気込んでいる。

 税関は爆発物探知犬と麻薬探知犬を全国に計約130頭配置。G20に伴い、通常より関空や大阪税関管内の港湾への配備を強化した。大阪港近くの検査場では3歳のジャーマンシェパードの雄「アイゼン号」が爆発物を、5歳のラブラドルレトリバーの雄「ノアール号」が不正薬物の検査に当たっていた。2頭とも怖がりだが、それだけに慎重な調べをする。G20に向けて新調した「テロ警戒中」の文字入りベストで仕事をこなす。担当の…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文764文字)

あわせて読みたい

ニュース特集