メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池の水抜いたら、印象派モネの名作「睡蓮」のよう?井の頭公園、水質改善で水草激増

水草「ツツイトモ」が生い茂る井の頭池=東京都立井の頭公園で2019年6月18日、池田知広撮影

 東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)内の井の頭池で、絶滅危惧種の水草「ツツイトモ」が大繁殖している。池の水を抜く「かいぼり」が繰り返され、底の泥の中で眠っていた種が目覚めたためとされる。水質が改善されて透明度も上がり、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)では「絵画のようだ」と話題だ。

 都から委託されている環境調査会社ゼフィルスの伊藤晴康さんによると、ツツイトモは2014年以降に見られるようになり、今年5月の分布量は昨年同時期の6倍以上になった。伊藤さんはシュノーケルを用いた潜水後に「水草の範囲が圧倒的に広くなった。透明度の高い池で泳げて幸せです」と語った。

 伊藤さんや都によると、ツツイトモの大繁殖は、14~17年に水質改善や外来種対策を目的に3回行われた…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文917文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです