メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎県が福岡から学生のUターン就職支援 専任コーディネーターも

長崎県内の企業への就職を検討する学生らの相談に乗る谷崎実和子さん(右)ら=福岡市城南区の福岡大で2019年5月24日午前11時36分、加藤小夜撮影

 人口の転出超過が西日本で最も多く、若者の県外流出に悩む長崎県が、福岡県の大学に進学した学生を、就職を機に呼び戻す取り組みに力を入れている。4月からは学生の就職相談に乗る「キャリアコーディネーター」を増やし、1人を福岡専任とした。担当者は学生へのアプローチを強めようと、福岡の大学を駆け回っている。

 「『長崎には造船関連や農漁業以外に何があると?』って思っていませんか」。5月下旬、福岡大(福岡市城南区)で長崎県が開いた就職相談会。福岡専任のキャリアコーディネーター、谷崎実和子さん(35)らが、学生に希望する職業や悩みを尋ねたり、インターンシップの参加学生を募集している企業を紹介したりした。

 この日は12人がブースを訪れ、同県川棚町出身の2年の女子学生(20)は「地元に戻りたい。県外在住で…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1120文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです