吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
講師や同期生の前で「ネタ」を見せる生徒(手前左)=東京都千代田区のNSC東京で2018年11月、藤井太郎撮影
講師や同期生の前で「ネタ」を見せる生徒(手前左)=東京都千代田区のNSC東京で2018年11月、藤井太郎撮影

 反社会的勢力のパーティーに会社を通さず芸人を出席させる「闇営業」をしたとして、お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さん(42)が所属の吉本興業との契約を解消された問題で、吉本興業は24日、パーティーに出席していた宮迫博之さん(49)=雨上がり決死隊、田村亮さん(47)=ロンドンブーツ1号2号=ら所属芸人11人を謹慎処分にしたと発表した。出席した芸人が会社を通さない「闇営業」をしていたのではないか、という疑問が当初から持ち上がっており、宮迫さんらがこれまで否定していた金銭受領を認めたことで、さらに波紋は広がりそうだ。

 吉本興業はこれまでも所属芸人のトラブルがあり、その反省からコンプライアンスの重視、順守に力を入れてきた。ほとんどの吉本芸人が学ぶ養成学校「吉本総合芸能学院」(NSC)では、放送で使ってはいけない言葉も教えてきた。即戦力としてテレビなどで活躍してもらうためだ。テレビのバラエティー番組は「ひな壇芸人」と呼ばれる若手芸人が多く出演している。芸人はテレビで話せるギリギリの線を理解した上で、笑いをつくろう…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文883文字)

あわせて読みたい

注目の特集