LGBTなどのカップル 茨城県が公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」 都道府県で初

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
パートナーシップ宣誓制度の導入を発表する茨城県の大井川和彦知事=水戸市笠原町で2019年6月24日午前11時1分、川崎健撮影
パートナーシップ宣誓制度の導入を発表する茨城県の大井川和彦知事=水戸市笠原町で2019年6月24日午前11時1分、川崎健撮影

 茨城県は、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を都道府県で初めて導入すると発表した。互いがパートナーであることを県に宣誓したカップルに対し、受領証を交付する。7月から宣誓の受け付けを始める。

 制度の導入をめぐっては、県議会最大会派のいばらき自民党が「時期尚早」と反対し、今月19日に緊急提言をしたばかりだった。多様性が尊重される社会の実現を目指す大井川和彦知事の強い意向が反映された形だ。

 県の制度の対象は、双方が県内居住か県内への転入を予定している20歳以上のカップル。宣誓を希望する日を事前予約したのち、住民票の写しなどの書類を提出してもらい受領証を発行する。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文593文字)

あわせて読みたい

注目の特集