メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「入管の長期収容、なくしてほしい」クルド人男性が訴え トルコでの迫害逃れ日本に

記者会見するチョラク・メメットさん=東京都港区で2019年6月24日、尾籠章裕撮影

 東京出入国在留管理局(東京都港区)に収容中に極度の体調不良に陥ったが、救急車による搬送が認められなかったトルコ出身のクルド人、チョラク・メメットさん(39)が24日、弁護士らとともに東京都内で記者会見した。17日に「仮放免」になり解放されたばかりのチョラクさんは「体調が悪いことを入管職員に伝えたが『まだ生きているじゃないか』と言われた。人間扱いではなかった」と過酷な収容の実態を訴えた。

     チョラクさんは、今年3月11日、頭、胸の痛みなどを訴え、12日に監視カメラ付きの単独室に移された。医師の診察が受けられず、電話連絡を受けた親族が救急車を手配。しかし、入管職員が病院への搬送を認めなかった。この問題は、支援者らによる抗議活動に発展したほか、国会質疑で取り上げられた。

     チョラクさんは1年5カ月の収容生活について「家族がバラバラにされて苦しかった。なぜこんなに長く収容されたのかも、なぜ仮放免が認められたのかも説明がなく、分からない。まだ(収容施設の)中で苦しんでいる人は他にもいる。長期収容をなくしてほしい」と話した。

     記者会見に同席した妻(37)は「収容中は毎日のように面会に行き、家に帰ってからは子どもたちに『パパは元気、大丈夫』とうそをつかなければならないのがつらかった。私たちは難民。悪いことは何もしていないことを日本の人に分かってほしい」と語った。

     チョラクさんはトルコ国内での迫害を逃れ、日本で暮らしていた親族を頼って2004年に入国。06年に妻と長男も来日した。家族は日本政府に難民認定を求めてきたが、その都度退けられ、昨年1月にチョラクさんが収容された。日本生まれの次男、三男とともに家族5人全員に退去強制令が出されている。

     一家は、他のクルド人家族とともに在留特別許可を求める訴えを東京地裁に起こしている。【井田純】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
    2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
    3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
    4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
    5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです