メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
蔵書拝見

福田達夫氏/下 変化のプロセスに関心、本に呼ばれ読んだ「新・中世王権論」

インタビューに答える、福田達夫衆院議員=東京都千代田区永田町で2019年5月29日午後4時50分、宮本明登撮影

ロングバージョン

 子供の時にもらった歴史文学全集では、平家物語や太平記ばかり読んでいた。そのせいか、「平安時代から鎌倉時代」をはじめとした「変化のプロセス」に興味を持つ子供になっていた。

 そういう「変化のプロセス」は、後に商社に入ったことでいやというほど味わった。商社のビジネスモデルは、10年に1回のペースで「冬の時代」を迎える。というのも、ビジネスの枠組みをこちらが提案したとしても、顧客の企業がその分野での経験や実績を積み上げると、商社の役割が不要になってしまうからだ。だから10年に1回、新しいモデルを作らないといけない。

 そんな中で、自らがプレーヤーになるモデルを作る動きが出てきたのが、自分が勤めていた1990年代後半…

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2568文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 犯人蔵匿隠避容疑で逮捕 あおり運転同乗50代女 宮崎容疑者暴行認める

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  5. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです