メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカーキング

勝てばGS突破! 柴崎岳「得点の気配は毎試合している。あとはいかにゼロで抑えるか」

情報提供:サッカーキング

主将としてピッチに立つ柴崎岳 [写真]=Getty Images
 日本代表は23日、明日に迫ったコパ・アメリカ第3戦エクアドル代表戦に向けて、ベロオリゾンテ市内で最終調整を実施した。

 主将として若いチームを引っ張る柴崎岳は「勝つ以外はない」と一言。「得点の気配は毎試合しているので、あとはいかにゼロで抑えるかが大事になる」と試合のポイントを語った。勝てばグループステージ突破という分かりやすい条件で迎えるエクアドル戦。エクアドルの印象については「いわゆる南米とはまた違う感じ。スピードのある選手もいますし、個のスキルは際立って見える印象はあります」と明かした。

 昨日の練習では軽めのメニューで調整したスタメン組の選手たちが引き上げる中、柴崎は森保一監督のもとへ。森保監督と言葉をかわしながら、控え組主体の練習を見守った。「監督と意見交換はしています。ピッチでやっていて感じることと、監督が感じていることはまた少し違うでしょうし。その擦り合わせはできていると思いますし、現に練習でも話し合ったことを選手に伝えようとしている」と柴崎。「何を話した話さないというのは表面的なことですけど、ピッチに立って表現するのが僕らの仕事。それで評価されるべきですし、メディアの方はどう変わっていったかを外に発信していただければと思います」と話した。

取材・文=三島大輔

【関連記事】
●運命のエクアドル戦に向けて…森保監督「ウルグアイ戦がベース」
●日本と対戦するエクアドル、E・バレンシアがVARに警戒感「マリーシアをなくさないと」
●エクアドル戦のポイントは「対応力」…川島永嗣「ここで気を緩めてはいけない」
●久保建英「GS突破が現実的になってきた」…日本代表、コパ8強進出へ正念場
●安部裕葵が語るエクアドルの印象「日本人からしたらチリ、ウルグアイより嫌なのかな」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです