メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

発売前から高評価! 実用車ど真んなかの「マツダ3」は何がそんなにすごいのか

情報提供:カートップ

発売前から高評価! 実用車ど真んなかの「マツダ3」は何がそんなにすごいのか

エンジンを変えることなく走りを大幅に向上

 先月発売となったばかりのマツダ3。それまで日本国内では「アクセラ」として販売されていたミドルクラスのハッチバック及びセダンを、日本国外での名称であった「MAZDA3」に統一して新たなスタートを切ったモデルとなる。

 そんなマツダ3は、発売前からかなり評判の高いモデルだったと言えるだろう。とくにエクステリアデザインは、2017年の東京モーターショーに登場した「魁(KAI)コンセプト」が基となっており、当然市販車としてリリースするために大小さまざまな変更は受けているものの、コンセプトモデルのイメージをしっかり踏襲したものとなっている点が高い評価につながっているのではないだろうか。

マツダ3

 それに対して搭載されるエンジンは、10月に追加されるとアナウンスされている「SKYACTIV-X」を除けば、1.5リッター、2リッターのガソリンエンジンと1.8リッターのディーゼルエンジンは従来型、もしくはほかのマツダ車と基本的には同じものが搭載されている。

マツダ3

 それにもかかわらず走りに関しても評価が高いというのは、ひとえに新世代車両構造技術である「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」が大きく影響しているのだ。基本骨格となるボディやシャシー、サスペンションはもちろん、シートまでもを連携させて根本から見直し開発したことで、人間の感覚にフィットした乗り心地や操縦安定性を実現しているのである。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです