メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

BMW史上最大のラグジュアリーSAV「X7」が日本上陸! 同時に最上級セダン7シリーズも新型へ

情報提供:カートップ

BMW史上最大のラグジュアリーSAV「X7」が日本上陸! 同時に最上級セダン7シリーズも新型へ

X7はBMW史上最大のビッグスケール

 ビー・エム・ダブリューは、ラグジュアリーセグメントの新型2モデルを発表した。大型化したキドニーグリルが特徴的な7シリーズと、同社のSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)シリーズの最上級モデルとなるX7だ。どちらも6月24日より発売開始となり、X7は2019年8月以降の納車開始となる。

 報道記者発表会の場でペーター・クロンシュナーブル代表取締役社長は、「2018年後半より新型3シリーズ、Z4、X5といった魅力ある商品を市場に投入してきた。今後もM8や8シリーズグランクーペ、3シリーズツーリングや1シリーズが控えている。そのなかで、BMWがもっとも注力しているのがラグジュアリーセグメントです」とコメント。7の数字を冠したこのふたつのモデルが、BMWにとって重要なモデルであるということである。

BMW

 注目は、XシリーズはもちろんBMW史上最大のモデルであるX7だろう。ラグジュアリーモデルでありながら、BMWにらしいダイナミクス性能は一切の妥協なく仕上げたという。やはり注目はフロントマスクをはじめとしたエクステリアデザインだ。

BMW

 スポーツモデルを筆頭に採用されている、横型のキドニーグリルではなく、縦に大きくデザインしたことで存在感を演出。それに細目のヘッドライトを組み合わせることで、SAVらしい迫力あるスタイリングを演出している。

BMW

 リヤは左右のテールライトをつなぐかのようなシルバー加飾に加え、バンパー下部などにもシルバーのアクセントをプラス。最上級モデルらしい力強さと、高級感を兼ね備えたスタイルとなっている。

BMW

 インテリアは、3105mmというロングホイールベースを生かした広々とした空間が広がる。2列目をふたり乗りのコンフォートシート仕様を選べば、3人乗りのベンチシートタイプから2座独立タイプとなり、全席で快適なドライブを楽しむことが可能だ。また、シート表皮はBMWインビデュアル・メリノレザーが標準装備。加えて8シリーズに採用されたものと同様の透明度の高いクリスタルタイプのシフトレバーが、高級感を演出する。

BMW

 パワートレインは、3L直6ディーゼルターボエンジンと4.4L V8ツインターボエンジンの2タイプ。ディーゼルは最大トルク620N・m/2000-2500rpmと、低回転からビッグトルクを発揮しラグジュアリーモデルにふさわしいパフォーマンスを見せる。4.4L V8ツインターボエンジンを搭載するのは、BMWのパフォーマンスモデルを担当するBMW M社が手がけるM50i。最高出力530馬力(390kW)/5500-6000rpmというハイパフォーマンスを誇り、0-100km/h加速は4.7秒という巨体を感じさせない加速力が自慢だ。

BMW

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです