メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェック

キング・オブ・ポップ“M.J” 死後10年、なお注目 性的虐待疑惑・死巡る映像次々

 「キング・オブ・ポップ」こと米人気歌手のマイケル・ジャクソンさんが50歳で急死してから、25日で10年になる。節目の今年、児童への性的虐待疑惑や死の真相に迫るドキュメンタリーが相次いで製作され、米国内外で物議を醸している。M・Jの愛称で親しまれたマイケルさんは米経済誌「フォーブス」が発表する故人の世界長者番付でも2013年から6年連続で1位を独占中。希代のスーパースターは死後も注目を集め続ける。【ロサンゼルス福永方人】

 「彼は7年間、僕を性的に虐待した」「パリで彼は僕に自慰行為をさせ、そこから始まったんだ」

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1018文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです