メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
読書日記

著者のことば 角田光代さん 向田邦子を今の子どもに

角田光代さん

 ■字のないはがき 角田光代(かくた・みつよ)さん 小学館・1620円

 家族の戦争体験をつづった向田邦子の随筆「字のない葉書」(「眠る盃(さかずき)」所収、講談社)の絵本化にあたり、文を任された。向田の妹、和子さんからの指名だった。「向田邦子へのリスペクトが非常に強いので荷が重いなと思いました。でもこれを断って、他の人がやすやすとこの仕事をしたら、それはもう悔しいだろうな、嫉妬するだろうな、と」

 終戦の年の春。家族と離れ、ひとり疎開する小さな妹に、父親は住所と名前を書いたはがきを渡す。<げんき…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文923文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです