メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Interview

市川高麗蔵 情熱のロシア女性役 女形の大役続き、新しい顔も

市川高麗蔵さん=根岸基弘撮影

 二枚目も得意とする美しい女形が、25日まで東京・歌舞伎座で上演されている新作歌舞伎「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち」(三谷幸喜作・演出)で新しい顔を見せた。

 ロシア女性アグリッピーナ。市川染五郎演じる日本の若き漂流民、磯吉と恋に落ちる、かなり年上の女性。情熱的な振る舞いで客席の笑いを誘った。

 「三谷さんから『外国の女性らしく、ぐいぐい攻める感じが欲しい』と言われました。染五郎さんを汚してい…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1031文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです