メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島唄

秘めた意味 元ザ・ブームの宮沢和史さん、「ひめゆり」学徒へ恩 ラブソング、沖縄戦の自決歌う

 太平洋戦争末期の沖縄戦に動員され、女学生ら136人が命を落とした「ひめゆり学徒隊」。その体験を伝える「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄県糸満市)が23日に開館30年を迎えたが、沖縄戦の悲劇と平和への希望を歌った大ヒット曲「島唄」は、作詞・作曲した元ザ・ブームの宮沢和史さん(53)と「ひめゆり」の元学徒との出会いから生まれた。【佐野格、佐藤敬一】

 宮沢さんは山梨県出身。1991年、沖縄の戦跡を回ろうと考え、足を運んだのが資料館だった。そこで初め…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1072文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです