第101回全国高校野球

地区大会 札幌工、札幌旭丘、延長制す 北星大付・古谷投手5回を無安打無失点 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【網走桂陽-北見柏陽】九回裏北見柏陽無死一、三塁、九番・宮下叶の中越え安打で三塁走者の宮下優が生還しサヨナラ勝ち=北見市東陵公園で
【網走桂陽-北見柏陽】九回裏北見柏陽無死一、三塁、九番・宮下叶の中越え安打で三塁走者の宮下優が生還しサヨナラ勝ち=北見市東陵公園で

5地区・18試合

 第101回全国高校野球選手権大会の南北北海道地区大会は24日、5地区で18試合があった。札幌地区では北星大付の古谷竜之介投手(3年)が、5回参考ながら無安打無失点を記録。札幌工と札幌旭丘が延長戦を制した。25日は北北海道の旭川、釧根地区が開幕し、5地区で15試合が予定されている。【高校野球取材班】

この記事は有料記事です。

残り2074文字(全文2232文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい