企画展

「昔のくらし」を支えた道具たち 練馬 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
明治時代に輸入されたという炭火アイロン=練馬区立石神井公園ふるさと文化館提供
明治時代に輸入されたという炭火アイロン=練馬区立石神井公園ふるさと文化館提供

 洗濯板や石油ランプ、火鉢など昔の生活道具を集めた企画展「のぞいてみよう昔のくらし」が、練馬区立石神井公園ふるさと文化館(同区石神井町5)で始まった。8月12日まで。観覧無料。

 展示されているのは、昭和を中心に、江戸から平成にかけて実際に使われていた生活の道具類約180点。熱した炭を入れて使うアイロ…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

あわせて読みたい

ニュース特集