メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

与党新人VS野党現職 事実上の一騎打ち /長野

飯山市で開かれた集会の後、支持者らと握手を交わす小松裕氏(右)=長野県飯山市で

 夏の参院選の投開票日と見込まれる7月21日まで1カ月を切り、与野党が対決する構図が固まった。自民と旧民主が各1議席を分け合ってきた長野選挙区では、2016年参院選から改選数が2から1に減った。自民新人と、国民民主現職を立憲民主や共産などが支援する野党統一候補による事実上の一騎打ちとなる見通しだ。【島袋太輔、ガン・クリスティーナ】

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです