メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

「商店街」人が集まり交流する場に 百五総合研究所・中村哲史 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 ネット通販や郊外型ショッピングモール等の台頭により、「買い物」を目的に商店街を訪れる機会は少なくなっている。

 「2018年度商店街実態調査報告書(中小企業庁)」によると、全国の商店街(商店街振興協会、事業協同組合等、その他の法人、任意団体)のうち、足元の景況感を「衰退している」または「衰退の恐れがある」とする回答が約7割にも及ぶ。人通りが減り、空き店舗が増加する中、意欲ある経営者や起業家の出店を促したいが、それら店舗がメインターゲットとしがちな若い世代が商店街を訪れる頻度はそもそも少ないという現実がある。

 そんな中、商店街を訪れてもらうきっかけづくりとして「まちバル」という手法が広がりを見せており、県内…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文983文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです