バレーボール

黒鷲旗全日本男女選抜大会 東レアローズ、V報告 主将ら市長訪ね 大津 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
越直美大津市長(左から2人目)にオリジナルのユニホームを贈った東レアローズの堀川真理主将(同3人目)ら=同市役所で、菅健吾撮影
越直美大津市長(左から2人目)にオリジナルのユニホームを贈った東レアローズの堀川真理主将(同3人目)ら=同市役所で、菅健吾撮影

 「第68回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会」(毎日新聞社、日本バレーボール協会主催)で9年ぶり5回目の優勝を果たしたVリーグ女子・東レアローズの選手らが24日、活動の本拠地とする大津市の越直美市長に優勝を報告した。

 大会は5月1~6日に開かれ、決勝でアローズはVリーグ女子・日立リヴァーレ(茨城)…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集