メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究現場は今

第1部 博士/3 人材確保へ、各大学支援策 経済面以外にも、進学に不安要素 /京都

博士課程進学者の減少について「教育研究の質の維持・向上が課題となり得る」とする京都大=京都市左京区で、大学情報室撮影

 「博士離れによって大学の研究のアクティビティーが低下し、我が国の学術研究の地盤沈下を招くことを危惧している」

 博士課程進学者が減ることの問題点について、東京大は毎日新聞の取材にそう指摘する。国の2018年度学校基本調査によると、大学院の博士課程進学者は1万4903人。社会人が4割以上、留学生が1割強を占めるが、前年よりは137人増えており、減少の一途だったこの数年を見れば回復の兆しといえるかもしれない。

 ただ、修士課程修了者に占める就職者の割合は78・5%で、8年連続で上昇し、過去最高を記録した。企業の人手不足を背景に「売り手市場」が続き、優秀な人材がどんどん企業へ流出する状況にある。やはり「博士離れ」は進んでいるといえるのだろう。

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです