メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大吉田寮

明け渡し訴訟 寮生側が争う姿勢 来月4日初弁論 /京都

 京都大が学生自治寮吉田寮(京都市左京区)の現棟に住む寮生20人に現棟の明け渡しを求めて京都地裁に起こした訴訟で、寮生らと代理人弁護士が24日に記者会見を開き、請求棄却を求めて争う方針を発表した。7月4日に第1回口頭弁論がある。

 代理人の一人、森田基彦弁護士は「京大側は訴状で、寮生に占有権原がないとし、仮に権原があってもそれは終了し、裁量権が大学にあ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです