メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/80 中国・新疆出身のIS戦闘員 「私の心は死んでしまった」 /大阪

「アブ・バクル」と名乗った中国・ウルムチ出身ウイグル人の元IS戦闘員。彼は「中国に送還されたら死刑になる。顔だけは撮らないで」とおびえていた=2018年10月シリア北東部で、玉本英子さん撮影

 過激派組織「イスラム国」(IS)には多くの国から外国人戦闘員が加わった。欧米人だけでなく、アジア系も少なくない。シリア北東部にある拘置所には、シリア民主軍(SDF)が拘束した元戦闘員ら900人が収容されている。

 昨年10月、拘置所を訪れた。自動小銃を携えた看守が面会室に連れてきたのは中国・ウルムチ出身のウイグル人(35)だった。彼は私を見るなり、顔をこわばらせた。中国当局の捜査官と思ったらしい。パスポートを見せて日本の記者であることを説明すると、取材には応じるが顔だけは撮らないで、と英語で話した。IS内部での呼び名、「アブ・バクル」とだけ名乗った。

 彼の故郷、中国西端の新疆ウイグル自治区は人口約2200万人。その半数近くがウイグル人で大半はイスラ…

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1415文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです