メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのまたむつみ展

40年の集大成 28日から宝塚 /兵庫

「いのまたむつみ展」のポスターのイメージ・(C)いのまたむつみ=兵庫県宝塚市立手塚治虫記念館提供

 歴史ファンタジー小説「宇宙皇子(うつのみこ)」(藤川桂介著)の挿画や家庭用ゲームソフト「テイルズ オブ」シリーズのキャラクターデザインを担当したイラストレーター、いのまたむつみさんの原画約100点を展示する企画展が28日から、宝塚市立手塚治虫記念館(同市武庫川町)で開かれる。

 いのまたさんはアニメーター出身で、数々のテレビアニメを担当するうちにキャラクター作りの才能が認められ、「宇宙皇子」でイラストレーターとしても注目を浴びた。…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです