メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死をみつめて

より良い生き方を/8 多様化する葬儀 故人尊重、遺族の癒やしに /和歌山

親族や地域の人が集まり営まれた葬儀の様子=オレンジライフ提供

 最近のお葬式は、多種多様になりました。種類について私なりに分析してみますと、葬儀をしない(火葬するだけ)▽家族や一部の親戚のみで行う▽多くには知らせず、ご近所や一部の関係者のみに告知する▽一般的に広く告知を行う▽会社や団体が主体となり、関係者を中心に告知して行う--と、告知の方法で大まかに分類できます。

 当社のデータによりますと、火葬のみ(直葬)は3%、告知を制限する(お知らせする方を限定する)葬儀は…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文958文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです