メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートシティ

益田市、先行モデルに 国交省選定 IoT活用街づくり深化 /島根

国交省のスマートシティの先行モデル選定を記念したイベント=島根県益田市駅前町で、竹内之浩撮影

 あらゆるモノをインターネットでつなぐ「IoT」を活用して益田市や企業など官民で取り組んでいる街づくりが、情報通信技術(ICT)などによって地域課題を解決する国土交通省のスマートシティの先行モデルに選ばれた。今後、国の財政支援を受け、取り組みを深化させる。【竹内之浩】

 モデル事業に取り組むのは、自動車部品や電気機器製造、情報システム開発などの市内外の企業や市、市医師会、島根大など46社・団体でつくる一般社団法人「益田サイバースマートシティ創造協議会」。前身団体だった3年前から始めた。人口減少や地域産業の衰退が進む中、IoTを生かして都市インフラの維持管理の省力化や迅速化を図る一方、新技術による新たなビジネスの創出を目指す。

 今年度実施するのは、道路管理、水路水位監視、鳥獣害防止。このうち、道路管理では市の巡回車に振動や傾…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文822文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです