メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「指示で避難」9.7ポイント減 防災・避難意識が鈍化 県立広島大院調査、昨年アンケと比較 /広島

 県立広島大大学院は24日、西日本豪雨1年を前に、昨年実施したアンケートと対比した「防災意識に関する1万人比較調査」の結果を発表した。防災に対する準備状況や避難行動は昨年より鈍化し、避難指示や避難勧告に対する否定的なイメージが芽生えている現状が浮き彫りになった。【元田禎】

 同大学院防災社会システム・デザインプロジェクト研究センターが調査した。昨年8月に広島、岡山、愛媛3県の成人男女(20~79歳)約1万人を対象にインターネットを通じて実施。今年も6月11、12の両日、3県の成人男女を対象に行い、9828人から回答(複数)を得た。

 「住んでいる地区の避難場所を知っている」は66・5%で、昨年に比べて10ポイント減った。「自治体の…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです