メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える がん早期発見のコツ/下 /福岡

 ■今回のテーマ がん早期発見のコツ

 「がん早期発見のコツ」をテーマに4月20日、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館で開かれた第232回患者塾。肺がんの検査方法や婦人科系のがん検診について、医師がわかりやすく説明した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆福岡県古賀市の女性(48)

 喫煙者です。やめる気はありません。しかし女性ホルモンが減少し始める年齢になると、急に肺がんになりやすくなると聞きました。早期発見はレントゲンよりCT検査の方がいいそうですが、放射線の被ばくが気になります。

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2082文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです