メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短歌実作講座

「牧水の詠み方」作法伝授 若山牧水記念文学館・伊藤館長が講義 /宮崎

 歌人で毎日歌壇選者や若山牧水記念文学館(日向市)の館長を務める伊藤一彦さん(75)=宮崎市=の2019年度短歌実作講座(日向若山牧水顕彰会主催)の初講義が19日、日向市中央公民館であった。受講した約40人に伊藤さんは「牧水の考えた短歌の詠み方」と題して講演した。【勝野昭龍】

 伊藤さんは国民的歌人の若山牧水が1923(大正11)年の著書「短歌作法」で示した13項目に沿って解説。「作り続ければ歌はできる」「歌が詠みたいという気持ち自体が素質である」という言葉を紹介し「歌を作ることは自分を見つめ、立ち止まらせ、自分を見…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文651文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです