メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

待機児童問題 保育士不足、入所に壁 自治体、厚遇掲げ争奪戦

子どもたちが昼寝をしている間、様子を見守りながら保護者への連絡帳に記入する保育士=東京都中野区の認可保育所で、堀井恵里子撮影

 毎日新聞が全国の主要75自治体を対象にした調査で、今年4月1日時点で認可保育施設に入れなかった待機児童数は7894人となり、前年から3割減った。各地で解消策を進めた効果が表れてきたと言えるが、子どもたちを預かる保育士の不足は深刻だ。各自治体は競い合うように待遇改善策を打ち出しながら、保護者のニーズに合う施設整備に腐心する。【野村房代、大沢瑞季】

 「これからリーダーを任せたいと思っていた8年目の若手が、『将来に不安を感じる』と言って辞めてしまった」。群馬県高崎市の私立認可保育所の園長は肩を落とす。

この記事は有料記事です。

残り2495文字(全文2746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです