メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

福田達夫氏/下 「新・中世王権論」 「人間」分析に感銘

 子供の時にもらった歴史文学全集では、平家物語や太平記ばかり読んでいた。そのせいか、「平安から鎌倉」をはじめとした「変化のプロセス」に興味を持つ子供になった。

 当時は「1192年に鎌倉幕府が成立した」と教わったが、その過程は教えてくれない。なぜそうなったか、不思議でしょうがなかった。貴族から武士の天下にどう移行したのか。同じような試みをしながら、成功と失敗を分けるのは何か。なぜ平清盛は失敗し、源頼朝は成功したのか。

 父は書店に行くと、読むべき本が「本棚から浮き上がって見える」と話していた。自分の場合は「本に呼ばれ…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1169文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです