メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

AI時代 人とモノとの関係は 京都大情報学研究科特定教授 川上浩司氏

 もの作りを長い間支えてきた「便利・効率的」という思想と一線を画し、不便ゆえの楽しさを製品作りに生かす「不便益」の考え方が、工学研究者に広がっている。人工知能(AI)の普及は、便利さと効率性を高める一方で、手を動かしたり知恵を働かせたりする機会を狭めてしまうかもしれない。人とモノとの関係は、どうあるべきか。提唱者の川上浩司・京都大情報学研究科特定教授(54)に、不便益の思想と展望を聞いた。【聞き手・元村有希子、写真・川平愛】

この記事は有料記事です。

残り2637文字(全文2851文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです