メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

AI時代 人とモノとの関係は 京都大情報学研究科特定教授 川上浩司氏

 もの作りを長い間支えてきた「便利・効率的」という思想と一線を画し、不便ゆえの楽しさを製品作りに生かす「不便益」の考え方が、工学研究者に広がっている。人工知能(AI)の普及は、便利さと効率性を高める一方で、手を動かしたり知恵を働かせたりする機会を狭めてしまうかもしれない。人とモノとの関係は、どうあるべきか。提唱者の川上浩司・京都大情報学研究科特定教授(54)に、不便益の思想と展望を聞いた。【聞き手・元村有希子、写真・川平愛】

この記事は有料記事です。

残り2637文字(全文2851文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです