メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

AI時代 人とモノとの関係は 京都大情報学研究科特定教授 川上浩司氏

 もの作りを長い間支えてきた「便利・効率的」という思想と一線を画し、不便ゆえの楽しさを製品作りに生かす「不便益」の考え方が、工学研究者に広がっている。人工知能(AI)の普及は、便利さと効率性を高める一方で、手を動かしたり知恵を働かせたりする機会を狭めてしまうかもしれない。人とモノとの関係は、どうあるべきか。提唱者の川上浩司・京都大情報学研究科特定教授(54)に、不便益の思想と展望を聞いた。【聞き手・元村有希子、写真・川平愛】

この記事は有料記事です。

残り2637文字(全文2851文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです