ホルムズ海峡タンカー攻撃

タンカーは自国で守れ トランプ氏ツイート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領は24日、ツイッターで日本や中国を名指しし、原油輸送の要衝・中東ホルムズ海峡を通過する石油タンカーについて「それぞれが自国で防衛すべきだ」と述べた。「米国は今や最大のエネルギー生産国になっており、(この地域に)とどまる必要もない」とも指摘した。日本などのタンカーが攻撃された事件や米無人偵察機の撃墜を受けて急速に高まった対イランの緊張状態を緩める意図があるとみられる。

 トランプ氏はツイートで「中国は91%、日本は62%の原油を(ホルムズ)海峡を経て輸入している」と指摘。「何の補償もなく、なぜ米国が他国の輸送路を守っているのか」と述べた。引用した統計の根拠は不明だ。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文506文字)

あわせて読みたい

ニュース特集