メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オフィス空室率

都市部で不足 定年延長や女性就労者増加

 国内の都市部でオフィスの不足感が強まっている。企業の従業員増加に加え、人材確保のため快適で広い空間を求める動きが目立つ。政府が旗を振る働き方改革の下、自宅近くや営業先などで働ける共有型のオフィスも注目されている。

 オフィス仲介大手の三鬼商事によると、5月末時点の東京都心のオフィス平均空室率は1・64%で、バブル期の1990年12月の0・39%以来となる低水準だ。大阪地区の空室率は2・45%、名古屋地区は2・11%、札幌地区は2・23%、福岡地区は1・81%となっている。

 仲介大手の三幸エステートの今関豊和チーフアナリストは背景として「女性の労働参加や定年延長で就業者が…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文638文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです