川崎市

ヘイトデモに罰則 条例素案、来年施行目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 川崎市は24日、特定の民族などへの憎悪をあおるヘイトスピーチのデモに50万円以下の罰金を科す人権条例の素案を発表した。パブリックコメントを経て12月の市議会に条例案を提出し、来年7月までの施行を目指す。成立すれば全国で初めてヘイトデモに刑事罰を定める条例となる。

 素案は、道路や公園などの公共の場で特定の国・地域の…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

ニュース特集