メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対立のはざまで

G20識者に聞く/上 中国除外せず対話 サントリーホールディングス社長・新浪剛史氏

=内藤絵美撮影

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議が28、29日、大阪市で開かれる。貿易や環境問題で利害が衝突する中、融和の道筋を示せるか。識者に展望を聞いた。

 --グローバルに展開する企業の経営者の視点から、G20に何を期待しますか。

 ◆米中が貿易問題を解決する意思を示し、その点で合意することを期待している。世界にポピュリズム(大衆迎合主義)が広がり、欧州でも英国が欧州連合(EU)から離脱しようとするなど、各国はバラバラになりかけている。高い関税のかけ合いで自由貿易が揺らぎ、国境をまたいだ企業活動にも影響が出てきている。対話を通じ、こうした状況が続くのを防ぐためにG20はある。米中をはじめ各国と良好な関係を持つ日本には、各国を結びつけるという大きな役割がある。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです