メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦七番勝負 挑戦者・豊島将之王位-佐藤天彦名人 第4局の17

豊島将之新名人 観戦記・山口絵美菜

 王手をかけられ、佐藤がゆっくりと席を立つ。踏みしめるように廊下に出て、窓ガラスに映る自分の姿を一瞥(いちべつ)する。そのまなざしは熱く澄んでいた。佐藤がいないまま、秒読みの声が響く。50秒、55秒……残り2分。佐藤は盤の前に戻ると手を拭い、襟元を整えてから小さくうなった。残り1分。30秒、40秒、50秒。「負けました」と頭を下げ、豊島将之新名人が誕生した。

 終了図以下(1)[後]6四同金は[先]同銀、(2)[後]6二玉は[先]3二竜でいずれも寄り。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです