出光美術館

若冲の大作、日本に戻る 米プライス夫妻から購入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊藤若冲「鳥獣花木図屏風」(右隻)、六曲一双、18世紀、出光美術館蔵
伊藤若冲「鳥獣花木図屏風」(右隻)、六曲一双、18世紀、出光美術館蔵

 東京・丸の内の出光美術館(出光佐千子館長)は24日、江戸絵画の世界的収集家である米国のジョー・プライスさん(89)と妻悦子さんのコレクションの一部を購入したと発表した。特異な「升目描(ますめが)き」の手法で描かれ、人気が高い江戸中期の絵師、伊藤若冲の大作「鳥獣花木図屏風(びょうぶ)」を含む190件。約半世紀前に…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集