メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 蚊に悩まされる季節になった。身近にいながら、嫌われるばかりでよく知られていない蚊の生態に興味を持ってもらおうと、研究者らが「科学」ならぬ「蚊学(かがく)」の普及にいそしんでいる。世界保健機関(WHO)で長く熱帯病対策に携わった長崎大客員教授の一盛和世(いちもりかずよ)さんにレクチャーしてもらった。

 ●まず生態を知る

 「こんなに奥が深い生き物はいないと思うんです」。蚊が媒介する寄生虫によって起きる「フィラリア症」の…

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1446文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです